事業内容

地元企業として地域密着型のベストライフを提案

四国家電株式会社はベスト電器のフランチャイズとして現在、県下に5店舗を運営する。地域に密着した家電販売を生業とし、各店それぞれに特徴を生かした店作りを行っています。旗艦店の高知本店では生活雑貨から文具、医療、園芸、食品まで約3万アイテム以上の豊富な品揃えを誇る100円ショップ「ダイソー」や、シニア世代向けの「リハテックショップ」では、シルバーカー、電動アシスト三輪車などを販売いたしております。また、キッチンや浴室・トイレのリフォームコーナーもあり、日常生活の利便性・安全性を考えたものから、南海トラフ地震に備えた耐震リフォームまで地域に密着した幅広い相談に対応いたしております。そして、2017年9月より電力自由化の波に乗り「りょうまでんき」の新事業も展開しています。


法人向ソリューション

ドキュメント事業部では、業務用デジタル複合機の販売とリースも行っています。最先端の情報セキュリティ機能と優れた環境性能を併せ持つシャープデジタル複合機の取り扱いで、企業や商店などのビジネスの現場により効率的で快適なソリューション提案を行います。


専従社員による外商活動

店舗での来店型の商品提案だけではなく、ベテラン専従社員による外商活動も積極的に展開。家電製品はもちろん、オール電化住宅の提案や住宅リフォーム、店舗、事務所などの空調、照明、さらには太陽光発電の設置工事まで省エネ生活のプロフェッショナルとして、電気に関するあらゆる提案、施工を行っています。


徹底したアフターサービス

ともすると売りっぱなしになりがちな家電品…。修理や部品交換よりも新製品を勧めることも少なくない。当社では常に、お客様にとってどうするべきか、お客様基準で考えた提案を重視している。しっかりと相談に乗り、修理や部品交換にも丁寧に対応することを心掛ています。県内外のネットワークを活かし、アフターサービスに力を注いでまいります。

家電製品をただ買って頂くだけでなく、その家電製品の上手な使い方、長持ちする使い方、セットで使ったらよいことや、節電の仕方などアドバイスが出来、お客様の生活の向上につながるお手伝いをし、ベスト電器ファンを増やしてゆきます。